増やす 2017.01.19 フリマアプリのはじめ方、使い方、高く売るコツ

スマホの普及とともに、手軽に使えるフリマアプリの利用者数も増加しています。フリマアプリは節約や貯蓄にも一役買ってくれるとあって、女性の支持が多いようで、4人に1人が利用しているというデータもあります。誰でもお手軽にできる“お小遣い稼ぎツール”のフリマアプリについて、「どうやって使うの?」「何が便利なの?」「高く売るコツはあるの?」といったギモンにお答えします。

フリマアプリで何ができるの?

オンライン上でフリーマーケットを楽しめる「フリマアプリ」。使い方は簡単です。アプリをダウンロードして登録するか、パソコンでフリマサイトから会員登録すれば準備OKです。

販売したい品をスマホカメラで撮影し、タイトル、商品説明、販売金額などを入力して登録します。出品中は、実際のフリマのように買い手と値引きやセット販売のやりとりをすることも。無事に売買が成立すれば、販売手数料(無料のアプリもあります)を引いた金額が自分のもとに支払われます。

ネットオークションとの一番の違いは「即決性」。ネットオークションは、入札の制限時間まで行く末を見守るのに対し、フリマは即決が可能です。すぐに決着をつけられるお手軽さが人気の理由のひとつです。

フリマ人気を支える「消費税0%」も忘れてはならない魅力のひとつ。ネットオークションもそうですが、個人間売買には消費税がかかりません。消費税を気にせずに掘り出し物を即決で変えるフリマは、稼いだお小遣いを貯蓄にまわし、節約もできるスグレモノなのです。

フリマアプリで利用者の多いサービスを4つ紹介します。

・メルカリ

メルカリは、4,000万ダウンロード、1日の出品数は100万品以上という名実ともに日本最大のフリマアプリ。利用者、出品数とも多いため、売りやすく買いやすいのが特長です。

・フリル

フリルはファッション・美容系に強いフリルは、2016年9月に楽天グループとなりました。販売手数料が無料になったほか、楽天IDや楽天スーパーポイントの利用が進められています。

・ラクマ

ラクマは楽天が運営し、多彩なカテゴリを用意して、幅広いユーザー層を取り込むラクマ。出品、販売、決済の手数料はすべて無料で、支払いには楽天スーパーポイントを利用できます。

・ZOZOフリマ

ZOZOフリマはアパレル系に強いフリマアプリ。ZOZOの商品データーベースを使って出品できます。ZOZOで撮影した新品の写真を使うこともできてZOZOユーザーには使い勝手抜群。

フリマアプリで高く売るコツ

せっかくフリマアプリを使うなら、高く売りたいと思うのは誰も同じ。買い手の目を引き、高く売れるポイントをおさえて賢く出品しましょう。

■高く売る4つのコツ

  • 商品はきれいに撮影する
  • 商品タイトルを工夫する
  • 紹介文は分かりやすく丁寧に書く
  • 自分の評価とプロフィールもこまめにチェックする

自分がフリマアプリを使おうと思ったときに「どうやって探すか?」、「何を決め手にするか」を想像すると、高く売るコツが見えてきます。

家にある不要なものを手軽に売ることができて、お小遣い稼ぎもできちゃうフリマアプリ。お家スッキリ、売れてニッコリを目指して、さっそく使ってみましょう。

【関連記事】
そのフリマアプリの使い方、実は税金がかかるかも? | マネチエ

TEXT:マネチエ編集部
PHOTO:PIXTA

マネチエでは身近なお金の話題をお届けしています
この記事を気に入っていただけたらフォローをお願いします!

ページトップ