学ぶ 2017.08.15 旅行にもビジネスホテルが定番!? 安くて得するビジホの賢い選び方

8月や9月のお休みが多い時期は、旅行がしやすいシーズンです。しかし、同時に旅行シーズンはリゾートホテルや旅館の宿泊料は値段が跳ね上がるため、近場で過ごす人も多いのではないでしょうか。そんな時こそおすすめなのが「ビジネスホテル」! ビジネスホテル=出張という固定観念を外せば、お得に賢く旅行することができます。ビジネスホテルを利用するメリットと注意点を探ってみましょう。

ビジネスホテルのメリットとは?

ビジネスホテルの最大のメリットは、リゾートホテルや旅館と比べると宿泊料金が安い点です。ホテルでのんびりするという計画でなければ、余った予算を他のことに回して旅行を充実させる事ができるでしょう。

また、ビジネスホテルは都市部や駅の近くにあることが多いため、交通の便が良いというメリットもあります。さらに、多くのビジネスホテルでは、Wi-Fi環境が用意されていることも見逃せません。旅先でのプラン変更を余儀なくされても、インターネットでの情報収集がスムーズに出来ます。

旅行でビジネスホテルを利用する際の注意点

今までは、スパ施設やルームサービスがないビジネスホテルが多かったのですが、最近では大浴場が設置されているところも増えています。

ただし、基本的には夕食はつきません。もちろん、夕食付プランや朝食付きプランを選ぶこともできますが、そうすると宿泊費が安いというメリットを受けることができなくなります。夕食がつかない分、外で地元の料理を楽しむのはいかがでしょうか。

ビジネスホテルには基本的なアメニティが備え付けられていますが、ホテルによって内容が異なります。そのため、旅行に行く前に備えられているものを確認しておきましょう。

特典付の宿泊プラン

ビジネスホテルの予約時、インターネット経由であれば1部屋の料金自体は基本的にはどこから予約しても変わらず、Yahoo!や楽天などのポータルサイト経由でも、オフィシャルサイト経由でも金額はあまり差がありません。ただし、同じホテルであっても申し込みを行うサイトによっては「オプション」やポイント還元などの違いにより、支払い金額に差が出ることがあります。

ビジネスホテルには、出張利用向けの「クオカードプレゼント」が付いたプランや、ポイントアッププラン、早割プランといったお得なプランがたくさんあります。さらにホテルによっては「お子様添い寝無料サービス」などもあり、それを活用すれば子どもの宿泊料金が無料になります。

キングダブルルームや、ファミリーツインルームが用意されているビジネスホテルもあるので、このようなプランを活用すれば、家族旅行でビジネスホテルを利用することもできるでしょう。

例えば、東横インでは「ビジネスマン出張応援プラン」といった名称で、VISAギフト券が付いてくるセットプランが用意されています。VISAギフト券は出張中の交通費や通信費、食費などに利用できる他、次回以降の宿泊での利用も可能です。

また、アパホテルでは、QUOカード付宿泊プランが用意されており、Webでの割引プランに、クオカードとミネラルカードをつけたスペシャルプランなどがあります。※QUOカードはアパホテルでは使えません。

各ホテルでいろいろな工夫がなされているので、予約をする前にいくつかのホテルのプランを比較してみてもよいでしょう。

ビジホならワンランク上の旅が実現する

キレイで居心地がよく、観光地への利便性にも優れたビジネスホテルが増えているため、旅行にビジネスホテルを選択する人が増えてきています。リゾートホテルのような手厚いサービスを求めているのでなければ、ビジネスホテルの利用は観光客の強い味方になると言えるでしょう。

ビジネスホテルで宿泊費を抑えれば、観光や食事、交通手段をグレードアップして贅沢にすることも可能です。賢く計画を立てて、楽しい旅行にしてみませんか。

マネチエでは身近なお金の話題をお届けしています
この記事を気に入っていただけたらフォローをお願いします!

ページトップ