編集部 2018.12.31 【あのヒトの家計簿】ホンキでフリマアプリ活用したら家計は助かるの?

普段は知ることのできない他人の家計簿。それをのぞき見するのが、この企画。果たしてどのようにしてお金をやりくりしているのでしょうか。今回は、ネットフリマアドバイザーを務める川崎さちえさんの家計簿を覗きます。

メルカリやラクマなど、手軽に個人間で売買できるフリマアプリ。これまで捨ててしまっていたものがお金に変わることで、家計の助けになるかも!?

取材協力:川崎さちえさん

栃木県在住、家族4人暮らし。夫が育児のために退職したことをきっかけにネットフリマを開始。ネットオークション歴15年、ネットフリマ歴4年で、現在はネットフリマアドバイザーとして活躍。著書に『できるポケット メルカリのコツ 月3万円おトク! スキマ時間で稼げる』(インプレス)がある。

■栃木県、家族4人暮らしの家計簿はどんな感じ?

mane_img_181231364_01

ネットフリマアドバイザーとして活躍する川崎さん(42歳)は、同じ年齢の旦那さん(会社員)と16歳の息子さん、13歳の娘さんの4人で栃木県に住んでいます。気になる家計簿は以下の通り。

■川崎家の家計簿
食費:5万円
雑費:3万円(日用品、子供の美容室代、学校関係、ガソリン代など)
通信費:3万円(スマホ、ネット回線)
ローン:7万円(住宅、車2台)

具体的な収入については教えてくれませんでしたが、家族4人で暮らすには困らない程度だとか。最近の関心ごとは子どもの学費と老後の蓄え。進学先によっては大きなお金が必要になってくるため、10年ほど前から毎月積み立て投資をしているそうです。

■フリマアプリを活用すると、家計がうまく回る!

川崎家では、本業とは別に副収入が生まれています。それがフリマアプリでの収益。実は川崎さん、ネットオークション歴15年の大ベテラン。ヤフーオークションから始まり、現在はメルカリやラクマなど、複数のアプリを駆使して毎月3〜5万円の収入を得ているそうです。ある月のフリマアプリでの販売・購入実績を見てみましょう。

■販売実績(アイテム、値段)
漫画全巻セット 7,000円 (アオアシ)
漫画全巻セット 9,000円(ハイキュー)
実用書 1,080円 (ドローン空撮入門)
バッグ 3,000円(オロビアンコ)
ロングスカート 1,200円
Tシャツ 3,000円(セントジェームス)
ハンドクリーム 1,100円(使いかけ)
プロジェクター 28,500円
Googleホーム 5,500円

■購入実績(アイテム、値段)
椎茸 6キロ 4,200円

ネットオークションやフリマアプリを活用するようになってからは、家電は売りやすいかどうかで購入を判断するようになり、どうしても欲しいものや必要なもの以外は買わなくなったそう。また、洋服や雑貨などは本当に必要か考えてから買うようにしているとか。

「ほしいと思ってから1週間待ってみて、それでもほしければさらに1週間待つように。それだけ我慢しても忘れられないということは、本当にほしいもののはず。ただ、そのときもまずはフリマアプリで中古品を探します。ない場合には楽天市場やYahoo!ショッピングでポイント率が高いときに購入しています」

ちなみに、フリマアプリで得たお金はないものと考え、すぐに貯金するようにしているそうです。そうやって独立したお金として考えることで、日々の生活に影響しないようにしているんですね。

■フリマアプリ利用のコツは?

川崎さんはネットフリマアドバイザーの肩書で活動していますが、賢くフリマアプリを利用するコツはあるのでしょうか。

「自宅に不用品があるのであれば、まず出品してみる。売れるか売れないかを自分で判断しないことが大切です。あと、出品することにハードルを感じる人は、購入するところから体験してみるといいかもしれません」

ちなみに、どのようなものが売り買いに適しているのでしょうか。

mane_img_181231364_02

「ブランド品は売りやすいですね。でも、競争が激しいですし、偽物も少なからずあるので、購入する際には注意が必要です。

初心者にオススメなのは、本やDVD出品作業が簡単なので、始めやすいと思います。漫画は全巻揃っていると販売しやすく、高値もつきやすいです。フリマアプリは、女性ユーザーが多いので、子供用の服おもちゃなども売りやすいと思います」

そのほかには、野菜も購入しやすいもののひとつだそう。では、フリマアプリによって特性の違いはあるのでしょうか。

「多くの人に利用されているメルカリとラクマは、ともにユーザー層が20〜30代の女性です。ユーザー数はメルカリの方が多く、売買が成立しやすいですね。とはいえ、手数料がメルカリの場合は販売価格の10%なのに対し、ラクマは3.5%と低いので、高価な物を売るときにはラクマの方がお得です。あと、ラクマの場合は楽天ペイで支払う際に楽天スーパーポイントを使うことができます。楽天市場を利用する人などは、ラクマも利用するとポイントを上手に活用できると思います」

川崎さんによれば、フリマアプリで売れなかったものは、ヤフオク!に出品するのも手だそう。こちらは男性ユーザーの利用率が高く、また同時出品ができないので、売れなかったものを出品するのに最適だとか。

月の副収入として3万円あれば、家計の助けにもなるし、貯金に回すこともできます。自宅に不用品が眠っているというご家庭は、川崎家のようにフリマアプリを活用してみてはいかがでしょうか。

TEXT:マネチエ編集部
PHOTO:shutterstock

マネチエでは身近なお金の話題をお届けしています
この記事を気に入っていただけたらフォローをお願いします!

ページトップ