備える 2017.01.30 ちょこっと保障なら携帯キャリアの保険が便利

今や、通信事業にとどまることなく、私たちの生活に寄り添うサービスを拡充している携帯キャリアの大手3社。携帯のお手軽さや利便性を生かした、「すぐに加入」できて「ちょこっと保障」してくれるメニューが続々と登場し、保険代理店としても一大チャネルを築きつつあります。

便利でお得な「ちょこっと保障」いろいろ

携帯キャリア大手3社が提供している保険の一部をみてみましょう。

・NTTドコモ:「ドコモワンタイム保険
1日単位で加入できます。スキー、サッカー、ゴルフなどのスポーツやレジャーでのケガ、レンタカーでの事故や故障、旅行先での物品の破損や荷物の盗難など幅広く対応。

このほか「ドコモサイクル保険」や「ドコモ医療保険」があります。

・au:「auの損害ほけん
他の2社にないのが「ペットほけん」。多様なサービスがあるペット保険ですが、こちらの保険でも高額になりがちなペットの治療や入院をサポート。全7種類のメニューには、自転車、傷害(交通事故)、傷害(日常の事)、ゴルフ、海外旅行、国内旅行がそろっています。

このほか「auの生命ほけん」や「auのローン」があります。

・ソフトバンク:「ソフトバンクかんたん保険
子供のあんしん保険では、免責になることが多い地震・噴火・津波などの天災によるケガも補償。1日単位で加入できるプランには、スポーツ・レジャー、ゴルファー、海外旅行、国内旅行向けが用意されています。

このほか「自転車あんしん保険」や「毎日あんしん保険」、「女性のあんしん保険」があります。

携帯キャリアの保険、メリット・デメリット

携帯キャリアが提供する保険に入るメリットやデメリットにはどんな点が考えられるでしょうか。

メリット

すでに加入を希望するユーザーとは携帯電話を契約している状態で、利用料金の徴収システムも使っているため、加入申し込みや保険料の支払いがスムーズに進められます。通信環境と保険を一緒に管理すれば、煩わしさも軽減できます。

デメリット

携帯のキャリアを変えるときには、継続して同じサービスを受けられないケースが出てきます(au損保はauユーザー以外でも利用可)。

携帯キャリアの変更や格安スマホへの乗り換えを考えていて、デメリットが気になる人には1日単位で申し込むことができる短期イベント向けの保険がオススメ。旅行先やスポーツ・レジャーなどで「入っておけばよかった」と後悔しないためにも、一度、各社の保険をチェックしてみるとよいでしょう。

TEXT:マネチエ編集部
PHOTO:PIXTA

マネチエでは身近なお金の話題をお届けしています
この記事を気に入っていただけたらフォローをお願いします!

ページトップ