貯める 2016.10.07 私たちでも利用できるかも! 銀行のプレミアムサービス

近年、銀行による会員制のプレミアムサービスが続々と打ち出されているのをご存じですか。資産を充分に形成した中高年世代や一部の富裕層だけを対象としたものと思われがちですが、これから貯蓄を増やしたい30代の私たちの世代にメリットの多いサービスも増えているようです。

どんな特典が受けられる?

銀行による会員制プレミアムサービスは、優良顧客の囲い込みを目的としてはじまりました。預金残高が一定条件を満たすことで会員資格を得ると、金融サービスをはじめとする各種サービスを受けることができます。

会員になると、ATMの時間外出金が無料になったり、定期預金や住宅ローンの金利が優遇されたりするといったサービスが受けられます。また、提携するホテル・レストランの優待や電話健康相談など、金融面以外のサービスを提供しているところもあります。各行の特徴をチェックして自分のライフスタイルに合ったプレミアムサービスを選びたいものです。

お手軽なものからはじめてステージアップを目指す

以下の2つのサービスは、いずれも申し込み不要で自動的に入会する仕組みになっており、取引残高が増えるにつれ、ステージがあがり、それに応じた特典を受けられます。

■新生銀行「新生ステップアッププログラム」(新生ゴールド)

  • 【ステージ条件】預け入れ総資産の月間平均残高が200万円以上など
  • 【金融面でのメリット】ATM引出手数料無料、インターネットによる他行振込手数料が月5回無料

■三井住友信託銀行「トラストプレミアムサービス」(シルバーステージ)

  • 【ステージ条件】取引残高300万円以上
  • 【金融面でのメリット】ATM時間外出金無料
  • 【その他】電話健康相談、がん検診・人間ドック割引、旅行割引

入会条件が高くなるほど特典は充実

次に各銀行の提供するプレミアムサービスをみていきましょう。入会の条件は高めですが、充実した特典を受けられます。金融面での優遇サービスのほか、旅行や買い物など生活面でもちょっとリッチな優待サービスが受けられるのが大きな特徴です。

■三菱東京UFJ銀行「Quality Life Club(クオリティ・ライフ・クラブ)」

  • 【入会条件】預金残高が審査日に1,000万円以上
  • 【金融面でのメリット】定期預金の金利上乗せ、外貨預金の為替手数料無料、外貨購入のレート優遇
  • 【その他】電話健康相談、旅行・イベント・セミナー提供など

■みずほ銀行「みずほプレミアムクラブ」

  • 【入会条件】非公開(対象者にインビテーション(招待状)が届く)
  • 【金融面でのメリット】定期預金の金利上乗せ、ATM時間外出金無料、住宅ローン関連手数料無料、貸金庫手数料無料
  • 【その他】電話健康相談、国内有名レストランの予約および優待、美術館・博物館などの優待鑑賞など

■三菱UFJ信託銀行「エクセレント倶楽部」

  • 【入会条件】世帯合計の取引残高1,000万円以上
  • 【金融面でのメリット】定期預金の金利上乗せ、住宅ローン金利優遇、遺言信託・不動産仲介手数料割引
  • 【その他】電話健康・介護相談、旅行料金や高島屋の買い物割引など

入会条件とする対象の金融商品に多少の違いはありますが、概ね預金残高1,000万円以上を提示しているサービスが多いことが分かります。

もし現在預金0円だとしても、毎月5万円ずつ預金をすれば、1年で60万円。夫婦2人で頑張れば8年で960万円貯めることができます。1,000万円預金は決して夢ではありませんよ。

自身の利用する金融機関はプレミアムサービスを実施しているのか、自分には入会資格があるのかをチェックしてみることをおすすめします。使えるメリットは逃さず使いましょう。

TEXT:マネチエ編集部
PHOTO:PIXTA

マネチエでは身近なお金の話題をお届けしています
この記事を気に入っていただけたらフォローをお願いします!

ページトップ