貯める 2017.07.11 旅行の移動費を削減! チケットをお得に買う方法

夏休みの計画はもちろん、すでにシルバーウィークや年末に向けて旅行の計画をはじめている方も多いのではないでしょうか。そんな旅行にかかる費用の多くを占めるのは、新幹線や飛行機などの「移動費」。移動費は工夫することで正規料金よりも安く抑えることができます。今回は、この移動費を安く抑える方法についてお伝えしていきます。

安さを重視するなら「こだわりを無くす」!?

旅行は日程や航空会社、ホテルなどのこだわりがない人ほど安く利用できる傾向があります。たとえば、以下のような方法が格安旅行では有名です。

・パックツアーのセールやバーゲンフェア商品を利用する

旅行会社が提供しているパックツアーで日付が直前のものやフェア商品のものは、航空会社やホテルから空席・空室に応じて安く旅行会社に提供されているものです。そのため、通常よりかなり安く設定されていることが多いのです。

たとえば、同じJTBが提供している香港3日間のツアーでも、自分の好きな日程を選ぶ「マイセレクト」と出発日や利用航空会社、宿泊ホテルが限定されている「旅のアウトレット」では価格設定が大きく異なります。

例:成田発 香港3日間(2名1室)の場合

  • マイセレクト:7万2,800~17万4,800円(2017年6月23日~2018年1月31日)
  • 旅のアウトレット:2万9,800~3万9,800円

※金額は2017年6月調査時点

・ホテル一体型等タイアップ系チケットを利用する

旅行会社で販売しているものですが、航空券や鉄道運賃、ホテルや食事などとセットになっており、バラバラで購入するより格安となっています。

手配をするには、Web上の操作だけで完結するような簡単なものも多く提供されていますが、選択肢が限られており、利用の時間・時期によって金額が異なるのも特徴です。春先くらいから夏休みの商品は売れ始めますので、早めに予約しないと売り切れてしまうのでご注意を。

・早割を利用する

旅行会社で販売されているパックツアーや航空券などは旅行日程の〇日前ならば〇円引き、といった値引きを実施しています。特に大型連休などあらかじめ予定が決まっている人にはおすすめです。また旅行会社のパックツアーの場合、早期特典として朝食サービスなど追加サービスがついてくることもあります。

・代表的な航空会社の早割サービス

航空会社特典名内容
JAL 先得割引75/55/45/28日前までの予約がそれぞれ格安
ANA旅割75/55/45/28/21日前までの予約がそれぞれ格安
スターフライヤーそら旅75/55/45/28/21日前までの予約がそれぞれ格安

いわゆる早割は、キャンセル料がかかるのが難点です。仮に仕事や病気などで突然旅行に行けなくなってしまった場合、旅行代金の全額がムダになってしまいます。

自分でアレンジしたい旅慣れた人向けの方法

こだわりがあり、自分で利用したい交通手段や時間、ホテルなど決めたい場合には、以下のような方法があります。

・金券ショップ

金券ショップでは、宿泊券や株主優待券、回数券などを購入することができます。たとえば、「金券ショップ チケッティ」などです。

しかし、どういった商品が販売されているかは予測できないのが悩ましいところ。金券ショップで欲しいチケットが必要なだけそろえられない場合、移動・宿泊の手配がそれぞれ必要になります。
期限ギリギリの切符は特に安いため、突発的な旅行の際にはとても便利です。

・費用比較サイト

各旅行会社などのツアー料金などについて、Web上のサービス、たとえば「トラベルコ」などを利用して最も安い購入方法を探すのも1つの方法です。

もっとも、それぞれの商品やサービスの質は自分で調べる必要があり、旅行会社が倒産した場合に保障が受けられないなどのリスクもあります。

安く行くことができればその分現地で使える

チケットをお得に購入することで、旅行代金を節約することが可能になるため、その分、現地での食事を豪華にするなど旅行中に少し贅沢をすることができます。予定が決まっていれば早めに購入、旅慣れた人ならとことん最安値を探すなど工夫をすることで、自分に合った旅行プランをお得に楽しみましょう。

TEXT:マネチエ編集部
PHOTO:Gustavo Frazao/Shutterstock.com

マネチエでは身近なお金の話題をお届けしています
この記事を気に入っていただけたらフォローをお願いします!

ページトップ