学ぶ 2017.10.18 支払いは現金だけじゃない! カードも利用してお得に払おう

デビットカード、プリペイドカードや電子マネーの普及と共に現金以外での支払い方法が伸びています。(*1)長く利用されているクレジットカードやポイントカードと比べ、それらの比較的新しい支払い方法はどのような特徴があるのでしょうか。それぞれのメリットとデメリットを把握し、使い分けることで、現金の支払いに比べてお得になります。

現金に代わるカード類のメリットとデメリット

現金以外の支払い方法のメリットとデメリットは何でしょうか。

種類メリットデメリット
クレジットカード
  • ショッピング保険や旅行保険などの多彩な付帯サービス
  • クレジットヒストリーが出来る
  • ポイントが貯まりやすい
  • ECサイトで買い物をする時にクレジットカード払いを使えば代引き手数料等がかからない。
  • 利用金額を意識しないと知らないうちに使いすぎている可能性がある
  • 年会費がかかる場合がある
デビットカード
  • 利用金額が銀行口座からすぐに引落される
  • 預金残高内での使用になるため、使いすぎを防止できる
  • 申込資格をクリアすれば発行できる
  • 分割払いができない
  • クレジットカードなどに比べると利用できる店が少ない
プリペイドカード
  • 上限金額が決まっているので、使いすぎる心配がない
  • 審査がないものもある
  • 使わないと無駄になる
  • チャージに手間がかかる場合がある
  • クレジットカード等に比べてポイントの還元率が低い場合がある
電子マネー
  • 支払い時にサインなどが必要なく、スムーズな決済ができる
  • 紛失した時にセキュリティの心配
  • チャージすると払い戻しが出来ない
ポイントカード
  • ポイントが貯められる以外には割引を受けられる
  • すべての店に共通しているカードがなく、複数のポイントカードを利用する必要がある

更に、共通のメリットとしてほとんどの支払い方法でポイントが貯まるかキャッシュバックを受けることができます。電子マネーについては、支払いやチャージの際に、紐づいているクレジットカードにポイントが貯まるものが多いです。

賢いカードの使い方

ここまでさまざまなカードのメリットとデメリットを確認しました。それらのカードを組み合わせた「お得な」使い方はどうすればいいのでしょうか。

お得に使う際のポイントは

  • 毎月発生する固定費(公共料金や通信費など)をクレジットカードからの引落しにすることでポイントが貯まる
  • 貯まったポイントは、提携しているクレジットカードやポイントカードに移行することもできる
  • 高額商品はショッピング保険が付帯されているクレジットカードを利用し、普段の買い物はデビットカード決済を行えば利用履歴が残るため、家計簿アプリと連携するだけで生活費を把握しやすくすることが挙げられます。

賢くお金を管理するには

ここまで各種カードや電子マネーを紹介してきました。では、これらを家計管理に活用するとどうなるか考えてみましょう。

通常、現金で支払った場合はレシートの情報を後からまとめるなど手間がかかります。しかし、カードや電子マネーで支払うと、利用履歴を家計簿アプリなどに取り込むことが可能になり、より簡単に履歴を見ることが可能になります。つまり、現金で支払うより家計管理は楽になるんです。

カードや電子マネーを上手に使い、家計管理に活用することで、今までより簡単にお金の流れを把握。そこで見つけた不要な出費を見直しカットすることで、そのお金を別の使い方にまわしたり、カードや電子マネーのポイントやキャッシュバックによりお得に買い物できたりと、好循環のきっかけにもなる。あなたの支払い方法を一度見直してはいかがですか?

(*1) 日本銀行 決済機構局(P10-12)

TEXT:マネチエ編集部
PHOTO:PIXTA

マネチエでは身近なお金の話題をお届けしています
この記事を気に入っていただけたらフォローをお願いします!

ページトップ