貯める 2016.10.18 旅行積み立てでレジャー資金をお得に貯めよう!

旅行積み立てとは、航空会社や旅行会社に一定の金額を積み立て、満期になるとサービス額が上乗せされた旅行券が受け取れるというサービスです。余裕があれば……と後回しになりがちな旅行の費用を、確実かつ計画的に貯めることができます。

あまり聞き慣れない「旅行積み立て」、どのような仕組みなのでしょうか?

旅行積み立てのメリットとは

旅行積み立ては、JALやANAなどの航空会社や、JTBやHISなどの旅行会社で行うことができます。各社ともいくつかのプランを用意しており、毎月一定額を積み立てることも、一括で積み立てることもできます。

現在、メガバンクの定期預金金利は0.01%程度。預金利率の高いネット銀行でも0.2%程度なのに対し、旅行積み立てでは1.5%~3%程度のサービス額(利息)がプラスされます。しかも、銀行預金とは異なり、課税されることもありません。旅行資金を貯めたいなら、銀行に預けるよりもはるかに有利なのです。

旅行積み立てのデメリットとは

とてもお得な旅行積み立てですが、デメリットもあることを理解しておきましょう。

まず受け取るのは現金ではなく、旅行券であること。そのため旅行目的以外には使用することができません。

中途解約した場合も現金ではなく旅行券での払い戻しになります。その際、1,000円未満は切り捨てられるため、元本割れすることもあります。

また積み立てた会社でしか使うことができない点も注意が必要です。つまり、その会社で取り扱っている商品(ツアーなど)以外には利用できません。使える範囲は各社まちまちなので、事前確認しておくとよいでしょう。出張や帰省などで頻繁に飛行機や新幹線を使うという人は、航空券やJR券の購入にも使える旅行券が便利でしょう。

そのほか、利用期限が定められている場合もあるので注意してください。忙しくて旅行にいく暇ができず、気がついたら旅行券の期限が切れていた……というのはよく聞く話です。

旅行積み立てにおすすめのケースとは

  • 新婚旅行や結婚記念日など、記念に旅行がしたい人
  • 飛行機や新幹線を利用して家族で毎年帰省する人
  • 友達と旅行計画を立てているがなかなかお金が貯まらない人

など、「この時期に旅行したい」という明確な目標がある場合や予算が決まっている場合には、旅行積み立てがおすすめです。現金での積み立てと違い、他の用途に使うことができないので、確実に旅行資金を貯めることができます。

たとえば、ANAの毎月払いコースで満期旅行券額を50万円、24回積み立てに設定すると、毎月の支払額は2万357円。支払額合計48万8,568円に1万1,432円のサービス額がプラスされます。旅先でちょっとリッチなディナーを食べるのにぴったりな金額ですね。

定期的に旅行するなら、積極的に活用したいサービスです。旅行好きの人は、旅行専用の貯蓄として検討してみてはいかがでしょうか。

【関連記事】
お金が貯まらないのはなぜ? オススメの貯金方法は? | マネチエ
安いのにはワケがある。LCC利用時の注意点 | マネチエ
海外旅行に強い国際キャッシュカード6選 | マネチエ
タダで海外旅行も夢じゃない! 賢いマイルの貯め方 | マネチエ

TEXT:マネチエ編集部
PHOTO:PIXTA

マネチエでは身近なお金の話題をお届けしています
この記事を気に入っていただけたらフォローをお願いします!

ページトップ